先生

十二指腸にできる悪性腫瘍

腹痛

十二指腸がんは、原因などの詳しいことはよくわかっていませんが、十二指腸のポリープががん化するものと一般に考えられています。食生活や生活習慣の改善が一番の予防方法です。十二指腸がんに罹った場合は、手術や抗がん剤、放射線などで治療を行いますが、最近では自分の細胞を使う治療方法が副作用が少なくて評判です。

Read More..>>

癌の新しい治療法

相談

癌治療はほとんどの場合、体に大きな負担がかかりますが、NK療法という新しい治療法ならば、ほぼ負担を感じずに済みます。もちろん癌治療としての高い効果もあります。但し、新しい治療法であるため、保険適用外であり、治療費は概ね高額です。しかし、医療費控除を受ければ、その負担は軽減できます。

Read More..>>

早期発見のために

最初に出てくる症状は

診察

普段から癌の初期症状について把握しておきましょう。癌は不治の病のイメージが強いかも知れませんが、初期の段階で発見し適切な治療に取り組めば日常生活に戻ることは可能です。重要なことは、定期的に健康診断を受けることと、初期症状を見逃さないことです。例えば、赤っぽいおしっこが出た時も注意が必要です。初期癌の特徴として、尿に血が混じることがあります。ただ、血尿は尿路感染症の疑いも濃厚です。泌尿器科を受診し、尿路感染症かどうか調べてもらいましょう。もし癌による血尿だった場合、膀胱や腎臓にがん細胞が巣食っている恐れがあります。また、女性は下着が血で汚れている場合おしっこに血が混ざったのか膣からの出血なのか判断しにくいものです。子宮頚がんの初期症状で出血する可能性もあるので、やはり婦人科で異常の有無を調べてもらいましょう。初期段階で発見されれば治療しやすいので、無駄に不安になることはありません。

専用検査を受けるメリット

癌に人生を奪われないためにも、初期の段階で症状に気づき、適切な治療を受けることが大切です。初期症状を把握しておくことも効果的な対策の1つですが、定期検診も忘れずに受けましょう。ちなみに、会社の定期検診を受けているからと言って安心することはできません。健康診断の目的は癌の早期発見ではありません。従って、早期発見のためにも癌の専用検診を受けるのが理想的です。現在、国内の受診率は2割から3割程度しかなく、一般的な検査としては認識されていません。けれど癌検診の目的は、病巣を早期発見し、死亡率を下げることです。普通なら見逃してしまうようなちょっとした異常も敏感に気づき、調べてもらえます。まだ癌化する前の上皮異常、ポリープを発見して治療することで予防することができるのも見逃せないメリットです。1年に1回の癌検診を習慣にすると良いです。僅かなサインから見抜く病魔の正体について理解していきましょう。

生活習慣を見直します

看護師と患者

胃がんは、早期治療により、ほぼ100%治る病気であるといわれています。そのため、今後は、必ず完治する病気として認識されると考えられます。また、胃がんは食事内容に原因があるといわれています。発がん物質の摂取を控え、暴飲暴食などの習慣を見直すことが、予防につながります。

Read More..>>